2008年01月20日

江戸漫歩(5)隅田川

 一日中部屋に籠っていたので、気分転換に宿舎の周りをウォーキングしました。永代橋から隅田川沿いに歩きました。
 隅田川は、思ったよりも悪臭がしていました。水上バスが通ると、下水の匂いが川風に乗って襲ってきます。見た目は、そんなに濁っているようには見えません。河底はそうとう汚いのでしょう。
 『伊勢物語』の「東下り」の段で有名な隅田川ですが、大いに幻滅です。

 写真は、隅田川から宿舎のある晴海運河の方を見たものです。


Mqhbpukg_s隅田川



 折しも、東京水辺ラインの観光汽船が通りかかりました。
 右端には、重要文化財の帆船・明治丸のマストが見えます。
 手前の柵には、『伊勢物語』の都鳥ならぬ水鳥が羽を休めています。

 環境は整備されつつあります。見た目はいいので、匂いに関して何か対策が必要だと思いました。


posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ・江戸漫歩